ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディア

当メディアはBA(美容部員)やエステティシャンなどの監修のもと、スキンケア、化粧品、健康など、女性が美しく健やかに過ごすためのノウハウをわかりやすくお伝えするサイトです。

選び方

保湿化粧水おすすめの成分と選び方、プルプルなうるおいベールを作る秘訣

更新日:

目次

  1. そもそもどうして肌に保湿が必要なの?
  2. 保湿化粧水やクリームの効果とは?
  3. 保湿力を高める化粧水の成分とは
  4. どんな化粧品を選ぶのが良いのか?
  5. 市販の保湿化粧水&クリーム、注目ランキング

 

そもそもどうして肌に保湿が必要なの?

スキンケアでよく言われるのがお肌の保湿。

しかし

「プルプルな肌になりたい」

「スベスベ、ツヤツヤになりたい」

「きめやツヤを整えたい」

という要望を満たす事はなかなか難しいと思います。

目を凝らしてみるとよくわかりますが、皮膚には表面にある網目状の細かい溝
「皮溝」とそれに挟まれた形になっている「皮丘」と呼ばれるひし型や四角形の盛り上がった部分があります。

皮溝の幅が狭く浅いものは、決めが細かくスベスベで、反対に皮溝が広く深い方の肌は凸凹していて、手で触れてもザラザラとした感触がわかります。

どちらがプルプルな美肌かというと、もちろん前者の方です。

この皮溝や皮丘のでき方は年齢や性別、体調などの内的要因や気温、湿度、紫外線などの外的影響で違いがおきます。

通常こうした肌表面のきめやツヤを維持しているのは
表皮という厚さ0.2ミリほどの中にある様々な細胞たちのおかげであると言われ

そこにアプローチするために、巷では保湿力の高い化粧水やクリーム、美容液が人気です。

でも、どうして肌には保湿が必要なのでしょうか?
ここでは、その疑問にお答えします!

そして最後に、おすすめのアイテムもご紹介しましょう。

 

保湿化粧水やクリームの効果とは?皮膚の各層に美容成分を染み込ませる

お肌の悩みのほとんどは、保湿がきちんとできれば解消できることばかりです。

しかしただ水分を与えれば良いというわけではなく、皮膚を構成している各器官に、必要な栄養分を送り届ける事が重要となってきます。

保湿化粧水やクリームの効果とは、まさに美容成分を肌の各細胞に効果的に届ける事なのです。

お肌は、上から、肌表面・角層・真皮という層になっていますが、潤いを保つには「それぞれが保湿されていること」が大切です。

表面だけ保湿ができていても、奥が乾燥していると、皮脂が多く分泌されたり、メラニンが抑制されなかったりと、トラブルの原因が発生します。

その反対に、どの層も十分に保湿されていると、角質が整い、皮脂バランスも良くなります。

すると、お肌の調子が全般的に良くなるので、肌荒れ、ニキビ、シワなども解消しやすくなる訳です。

また、いちばん大きいメリットは、ターンオーバーが正常になることではないでしょうか。

極端に長すぎたり短かったりすると、お肌のバリア機能も低下しますし、ニキビや色素沈着も進行しやすくなります。

ターンオーバーが正常になると、その辺りも改善されるので、根本から肌の調子を整えるには、やはり保湿が第一と言えそうです。

また、乾燥して調子の悪い肌は水分をキープする力も落ちています。

水分を与えただけでは、蒸発してしまうので、クリームでフタをすることが大切です。保湿力の高いクリームを使うことで、1日中うるおいがキープできるのです。

 

保湿が足りない肌はどうなる?ニキビ、肌荒れの悪循環が起こります!

お肌の水分不足は、乾燥による肌トラブルを招きます。

まず、表皮の角質が荒れてガサガサに。

角質にできたすき間から水分がどんどん蒸発していきます。こうなると、悪循環が始まります。

乾燥により、ハリや弾力が失われ、シワ、たるみなどが生じるというのは分かりやすいと思います。

また、乾燥がひどく、肌荒れで角質の脱落が早まると、ターンオーバーの周期は短くなる傾向があります。

そうなると、未熟な角層でバリア機能が弱い状態に陥ります。このようなターンオーバーの周期の乱れは、ほかの肌トラブルを悪化させていきます。

ニキビも乾燥した肌を守ろうと皮脂が過剰に分泌されることによって起こります。

うるおいのある肌であれば、肌細胞のターンオーバーにより、ニキビができにくく、できてしまったニキビも取り除かれますが、肌再生の周期が乱れていると、いつまでもニキビが治らず、跡が残ってしまうことに。

紫外線の影響も、乾燥して免疫力の低下した肌にはテキメンです。メラニンを抑制する力も、排出する力も弱いので、日焼けが治りにくく、くすみやシミを招きます。

とくに敏感肌は、角層がもともと荒れやすく、バリア機能が低下しがちです。

日頃からちょっとした刺激に影響を受けて角質が荒れるので、小さな炎症を繰り返していくうちに、肌内部の保湿成分が破壊されていきます。

 

お肌の保湿のメリットは?ほとんどの肌トラブルを解消!

お肌の保湿がうまくいっていると、肌トラブル全般の予防と改善が期待できます。

具体的に言うと、次のようなものが挙げられます。

  • 肌荒れ
  • ニキビ
  • たるみ、シワ
  • 日焼け、シミ、くすみ

このようなトラブルは、元はと言えば保湿が不十分なことが原因なのです。

 

保湿力を高める化粧水の成分とは

さて、保湿化粧水やクリームのメリットをおさらいしたところで、今度はどんな保湿剤を選べば良いか考えていきましょう。

肌に必要な成分は、もともと人間の皮膚に含まれている成分を補うのが近道です。

実際、最近の保湿化粧品は、人間がもともと持っている成分を作り出し、肌の奥まで与える方法が研究されています。

そこで、人間の皮膚に含まれている保湿成分をチェックしておきましょう。

まず、肌表面は皮脂膜で保護されています。

次に、表面近くの角層では、角質細胞がレンガのように積み重なっていますが、ここでは天然保湿因子NMFが水分をコントロールしています。

そして角質細胞同士のすき間を埋める細胞間脂質は、40%をセラミドが占めています。

細胞間脂質には、ステアリン酸コレステロール、リン脂質などもあります。

さらに、角層の奥の真皮では、コラーゲンが主成分となっています。

ほかに、ヒアルロン酸、エラスチンなども保水のはたらきをしています。

どれも化粧品の成分としてよく耳にする名前ばかりですが、それぞれの成分の特徴をみてみましょう。

 

<皮脂膜を構成する成分>

スクワラン、ワックスエステル、グリセロール、コレステロールなど。

皮脂膜を構成している成分は、バリア機能があり、皮膚細胞の代謝を活発にし、お肌を滑らかに保湿します。

 

<角質細胞の保水成分 天然保湿因子NMF>

天然保湿因子NMFは、角質細胞の内部にある水溶性の成分で、アミノ酸など20種類の成分から構成されています。

硬いケラチンタンパク質からできている角質細胞は、NMFのはたらきで内部に水分を保持し、やわらかい肌を作り出しているのです。

 

<角層の保水成分>

セラミド

セラミドは、角層にあって、レンガのように積み重なった角質細胞のすき間を埋める役割をする、天然の保湿剤です。

この成分は、角層の細胞間脂質の成分の約50%を占めています(鈴木一成(監修)『化粧品成分用語事典2012』による)。

そのほかは、遊離脂肪酸が約20%、コレステロールエステル約10%、コレステロール約15%、糖脂質約5%だそうです。

セラミドは、年齢とともに減少しますが、50代のお肌は、20代の約半分にまで減っているそうです!

またセラミドが失われていくと、お肌は乾燥していきます。

角層が荒れ、バリア機能が低下し、外的な刺激を受けやすい状態になってしまいます。

ですから、セラミドを補うことで、お肌のハリとうるおいを取り戻し、すこやかな状態に戻せるでしょう。

セラミドの種類

  • ヒト型セラミド
  • 合成セラミド
  • 天然セラミド
  • 植物性セラミド

このうち、いちばん保水力があるのは、ヒト型セラミドです。

人間の肌にあるセラミドと同じ構造をしているので、角層に自然に浸み込み、本来の保水力が発揮されます。

ただし、最近になるまで生成が難しく、実用化されてきませんでした。

その代りに合成セラミドなどが使われてきたのです。

注目!ヒト型セラミドの種類と効果

ちなみにヒト型セラミドにも7つの分類があり

  • セラミド1=細胞間をつなぐ役割をもちバリア機能を高める
  • セラミド2=最も肌に多く含まれるもので高い保水力とバランス力を持つ
  • セラミド3=シワなど肌の弾力に関わり、加齢とともに失われやすい
  • セラミド4=角質の各機能を作り、維持する働きをもつ
  • セラミド5~7=主に肌再生に関わる

というそれぞれの特徴を持っています。

上記のうち、主に保湿化粧水で使用されるのは、肌細胞で20%を占めていると言われる「セラミド2」です。

しかし、最近は使用する方の年齢やタイプにあわせて、セラミド1や3、など複数配合しているものが発売され始めました。(下のおすすめで紹介しています)

ひとつだけでも充分効果はありますが

  • 低刺激なものがいい
  • シワをできにくくしたい
  • 潤いだけでなく年齢とともに失った弾力を取り戻したい

など目的によって選択の幅がひろがってきたのは、嬉しいことです。

技術の進歩はすごいですね。

美容にこだわる方は、こういったところにも注目して選んでみてはいかがでしょうか。

ステアリン酸コレステロール

角層の細胞間脂質のひとつ。脂質との親和性が高いのが特徴。

 

<真皮の主成分>

コラーゲン

たんぱく質の一種で、真皮の主成分です。

現在、約30種類が確認されており、発見された順に、1型、2型…と番号がつけられています。

このうち、1型のコラーゲンが、お肌の保湿力が大きく、ハリや弾力を保つとされています。

化粧品にもコラーゲンはよく配合されていますが、普通は分子が大きく、真皮までは届かないことがほとんどです。

一般的に化粧品に配合されているコラーゲンは、保湿成分として肌表面で効果を発揮します。

 

<真皮の保水成分>

ヒアルロン酸

角層の奥にある真皮において、細胞の間を埋めるゼリー状の保湿剤。

水分を抱え込む力が強大で、200~600倍の水をためこむことができるとされています。

年齢とともに生産能力が低下し、60歳では新生児の3分の1まで減ってしまうそうです。

化粧品によく配合されていますが、一般的なヒアルロン酸は、真皮までは届かず、肌表面の保湿に効果があります。

エラスチン

エラスチンは、真皮の弾力を生みだします。
やはり年齢とともに生産能力が衰えていきます。

プロテオグリカン

プロテオグリカンは、たんぱく質と糖が結びついた物質です。

プロテオグリカンは、ヒアルロン酸やコラーゲンを構成要素とし、人間の皮膚、軟骨、血管などあらゆる場所にあり、保湿や肌再生を担っています。

もともとお肌にある成分ですが、1970年に偶然発見されるまでは知られていませんでした。

希少なために高価な成分で、これまであまり注目されてきませんでしたが、日本でも新たな技術で抽出が可能になり、化粧品に配合されるようになりました。

注目すべきプロテオグリカン3つの特徴

  • 保水力
  • 肌再生(ターンオーバー)をうながすEGF様作用
  • ヒアルロン酸との結合

プロテオグリカンは、多種多様な細胞と細胞間物質を包み込む細胞外マトリックスの中心的な成分です。

真皮のコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、毛細血管などを包み込み、支える働きをしています。

血管に乗って運ばれてきた栄養素も、いったん細胞外マトリックスにためこまれ、必要な時に細胞に供給されます。

そうなると、お肌を構成するもっとも重要な物質とも言えますね。

そして、保水力はヒアルロン酸の1.3倍!ターンオーバーをうながす作用もあります。

 

保湿にはどんな化粧品を選ぶのが良いのか?

以上、人間の皮膚に有効な保湿成分を挙げてみました。

どれも化粧品に使われている成分でもあります。

もともとお肌にある成分だったら、なじみやすくきちんと機能を果たしてくれそうですよね。

でも、化粧品選びは慎重に!ヒアルロン酸やコラーゲンが入っているからというだけで、保湿剤を選ぶのは早合点なのです。

化粧品選びのポイントを、お肌の表面と奥に分けてみてみましょう。

 

☆お肌の表面:クリームなどに最適なもの

お肌の表面を保湿するには、皮脂膜に似た成分のバリア機能の高いものが必要です。

例えば、スクワランを補うには、サメの軟骨から採取されるスクワランオイルが有名です。

ワックスエステルは、ホホバの木の実から採れるホホバオイルで補うことができます。

 

☆お肌の奥:化粧水などにおすすめなもの

角層や真皮には、もともとある成分を与えるのが理想的です。

現在ほとんどのコスメにはコラーゲンやヒアルロン酸は含まれており、もっと美容効果を上げたい方は、以下の3つのものが含まれているものに注目して選ぶのがおすすめです。

  1. 天然保湿因子NMF
  2. ヒト型セラミド
  3. プロテオグリカン

これらの中にも質や含有量の違いがあるのでそのあたりをしっかりチェックしておきましょう。

それともうひとつのポイントは、美容成分の分子の大きさです。

実際には、真皮まで成分を届けるのは至難の業です。

一般的には、真皮に含まれるコラーゲンやヒアルロン酸を塗っても、せいぜい角層まで届けば良いほうで、肌表面にしか効き目がないこともあります。

せっかく肌に良いものでも分子サイズが大きすぎて、お肌の奥に入り込めないというわけです。

でも、最近は技術が進み、ナノ化によって、成分をより奥深くに届けることができるようになりました。

市販の保湿剤を選ぶ際は、配合されている美容成分が、しっかり奥まで届くものかどうか見極めることも大切になりますね。

また、化粧水に保湿成分が入っていても、化粧水を使っただけではすぐに蒸発してしまいます。

美容成分をお肌に浸み込ませたら、クリームでおおいましょう。

すぐれた美容成分が配合された保湿クリームを使うと、バリア機能でお肌を包み込みながら、お肌の奥に美容成分を届け、お肌を内側から若返らせてくれます。

 

市販の保湿化粧水&クリーム、注目ランキング

保湿化粧水やクリーム選びは、さきほど申し上げたような成分が含まれていることや
セラミドやコラーゲンが浸透しやすい形で配合されているのがポイントです。

厳選された成分が年齢肌にもすーっと溶け込み、お肌の奥からうるおいとハリをもたらしくれます。

ここでは、トライアルを中心に人気の高いものを選んでみました。

それぞれ独自技術や注目成分に特徴があるので、お好みで選んでみて下さい!

比べてみて、ピン!ときたクリームが、あなたに合っていると思いますよ。

 

 

☆decencia(ディセンシア)の【アヤナス トライアルセット】


乾燥・敏感肌専門ブランドのトライアルセットがさらに進化!
肌あれの元となる「ストレスケア」へもアプローチ。


保湿化粧品の中でもいち早くヒト型セラミドを導入し、多くのファンから愛されているアヤナスシリーズが今秋にさらにグレードアップを遂げ、ストレスによってもたらされる肌荒れへもアプローチを可能にしました。

今回のアヤナス10日間トライアルセットも濃密化粧水、糖化ケア美容液、ハリアップクリームに目元用のアイクリームまでがついたお得な内容。

通常2,700円が送料無料で1,480円。
しかもお試しながら、30日間の返金保証までついています。

ポーラオルビスグループのブランドであるアヤナスは、敏感肌と乾燥肌向けの化粧品として数々のサイト、美容・ファッション雑誌で取り上げられ、高評価を受けています。

リピート率も高いシリーズです。

ポイントは4つ!

  • 特許技術のヴァイタサイクルヴェールが独自の保護膜でバリアを作り、お肌を守り、肌再生をサポートします。
  • ストレスによる皮膚の炎症、血管の収縮を回復させるストレスバリアコンプレックス
  • 保湿力を高めるため、通常の20分の1大きさで4倍の浸透力を持つセラミドナノスフィア(ヒト型)を採用
  • 海藻由来の独自成分のCVアルギネートが、コラーゲン生成をうながし、ハリと弾力のあるお肌を生みだします。

肌にのせると、とろりと溶け出すコンセントクリームは、乾燥肌、敏感肌に頼もしい保湿力。

薄いヴェールでお肌を守り、美容成分が奥まで浸み込んでお肌の奥から保湿してくれるアヤナスシリーズで、お肌の悩みを解決しましょう!

☆pour moiプモア トライアルセット



プモアは30~40代の肌荒れや乾燥肌に悩む女性に着目して開発されたシリーズです。

最大の特徴は、日本酒の酵母と乳酸菌のダブルの成分が
固くなった角質をもっちりとしたお肌へ変えてくれるところです。

ただ、それだけではありません!

もともと、ヒト型セラミドは化粧品の原料の中でもコストが高く、肌へ浸透させる技術も相当難しいといわれています。

その中で販売元である日本盛では、これまでのお酒造りで得たノウハウを活かし、なんと4種類のヒト型セラミドを配合しています。

専用のクリームとセットになっており、つけた翌日から「化粧水なのに乳液までつけたようなしっとり感が得られる」と好評です。

ポイントは4つ!

  • 肌再生に必要なアミノ酸やミネラルが豊富な酵母・乳酸菌が
    傷んだ角質細胞を素早く回復、維持してくれます。
  • 年齢肌の保湿に重要な、4種のヒト型セラミドが含まれています。
    (セラミド1-2-3ー6Ⅱ)
  • ナノエマルジョン技術で年齢肌でもうるおい成分が届きやすい。
  • 美肌効果のあるヨクイニン(ハトムギ)や桜葉などをプラス

プモアはこれまでのセラミド化粧品の中でも注目度の高い化粧水です。

今ならトライアルは7日間分で1000円、お財布にも優しい。

潤いを必要としているのに、これまで満足できるものが見つからなかった人は、ぜひ試していただきたいです。

 

☆小林製薬の【ヒフミドトライアルセット】



お肌になじむセラミドの効果で1日中うるおう!

ヒフミドトライアルセットは、5点セットにプレゼント付きです。

内容は、クレンジングミルク、洗顔ソープ、エッセンスローション、エッセンスクリーム、UVプロテクトベース(日焼け止め、化粧下地)、プレゼントバッグ付きです。

ヒフミドトライアルセットのポイントは、5点すべてに、セラミドの中でも保水力の高い、ヒト型セラミドが配合!

クリームには、ヒト型セラミドが4%も配合されています。

ヒフミドトライアルセットでは、7日分を980円送料無料でお試しできます。

上質のセラミドの保湿力を実感するチャンスですね!

水分をたくわえ、整ったお肌は、紫外線などの外的な刺激にも強くなるでしょう。

☆株式会社テルヴィスのプロテオグリカン配合保湿化粧品【アクアプロテオ】



驚異の保湿力で美容成分がお肌に浸透!

テルヴィスのアクアプロテオは、保湿力抜群の成分プロテオグリカン配合の美容液です。

ポイントは3つ!

  • プロテオグリカンを始めとした美容成分が充実!
  • 香料、着色料、石油系界面活性剤、鉱物由来原料、パラペン、アルコールが無添加。
  • その他化粧水不要で、洗顔後はこの美容液だけでお手入れ完了!

特許技術で高価な成分を低コストでの抽出に成功したプロテオグリカンでうるおった肌に、プラセンタ、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの定番の美容成分が浸透していきます。

国産プロテオグリカン配合の美容液アクアプロテオで、お肌の深部の乾燥も解決!

今だったら1本2か月分がWeb注文で送料無料の6,000円、10日分のミニボトル付き。

全額返金保証もあるので安心です。続けてみたいという人には、定期購入コースだともっと割引になりますよ。この機会に、年齢肌をうるおいたっぷりでハリのあるお肌に変えましょう!

☆富士フイルムの【アスタリフトトライアル】



赤のパワーでお肌にハリをもたらします!

アスタリフトベーシックトライアルキットは、通販限定で5日分が1,000円というお試しセットです。

先行美容液のジェリーアクアリスタ、ローション、美容液エッセンスデスティニー、クリームの4点セット。

ポイントは3つ!

  • 天然の赤い美肌成分アスタキサンチン配合。最新技術でナノ化されています。
  • ナノリコピン配合。赤いトマト由来の美肌成分が、うるおいやハリを与えます。
  • 分子サイズの違う3種のコラーゲンが、お肌のすみずみまで浸透します。

先行美容液のジェリーアクアリスタには、ナノ化されたヒト型ナノセラミドが配合され、続いて使うアイテムが浸透しやすい環境を作ります。

美容成分充実のローションと美容液の後、最後に使うクリームには、ローヤルゼリーやスクワランも配合され、お肌をしっかり守ります。

富士フィルムの最新技術でお肌の奥まで高品質の美容成分が浸透し、お肌を奥から保湿するアスタリフトシリーズは、年齢肌に頼もしい内容になっています。ぜひお試しを!

 

-選び方

Copyright© ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディア , 2017 AllRights Reserved.