1. TOP
  2. 敏感肌用の化粧水と使い方

敏感肌用の化粧水と使い方

選び方   39 Views

乾燥肌が進んでしまうと、敏感肌になってしまいます。

敏感肌の場合、肌の表面の角質がぼろぼろになってしまっており、肌のバリアが低下しているため、ちょっとした刺激にも耐えることができない肌になってしまっています。

肌の表面は乾燥により、ひび割れ、めくれ上がってしまっている人が多くなります。

元々敏感肌体質であり、乾燥が進んでいるわけではないのに、化粧水などのスキンケア用品の刺激に耐えられないという人もいます。

そのような敏感肌の人たちは、敏感肌専用のスキンケア用品を使用しなければいけません。
敏感肌を改善するためには、ヒアルロン酸がお勧めです。

ヒアルロン酸により、水分の保持を行いましょう。敏感肌の人はアルコールが入っている物や、添加物が多く入っている物は出来るだけ避け、無香料無着色である物を使う方が良いでしょう。

添加物として挙げられるのが、防腐剤となりますが、防腐剤が入っていない化粧水もたくさん販売されていますし、アルコールフリーとかかれているような商品の場合には、アルコールが入っていませんから、そのような商品を選ぶようにしましょう。

敏感肌が進んでしまうと、肌のバリア機能が低下しているため、その他の化粧水などを利用したとしても、効果を上げにくくなるとされています。

ホワイトニングなどの効果があるとされているようなスキンケア用品は、正常な肌にしか高い効果を得ることができないとされていますから、まずは、肌のバリアを正常にするために、敏感肌を改善するようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 今さら聞けない女子の悩み、化粧直しのやり方~おすすめのファンデーションなどアイテム選び

  • 流行りのナチュラルメイクのやり方、初心者にもわかりやすい7つのテクニック

  • 夏の肌トラブル対策とスキンケア!収れん化粧水の効果的な使い方

  • アクネ菌を殺菌する成分の効果と副作用、安全なコスメ選び

  • これは避けたい!ニキビ跡に良くない化粧水の成分一覧

  • 腸内フローラで免疫力アップ!すぐできる7つの腸内環境改善トレーニング