1. TOP
  2. 肌に弾力を与える、エラスチンの効果と増やし方いろいろ

肌に弾力を与える、エラスチンの効果と増やし方いろいろ

アイテム   1,105 Views

肌の弾力って、重要ですよね。ハリのあるお肌だとお化粧のノリも良いですし、お肌のトラブルも少ないです。

でも、気が付いた時には頬にたるみが出来ていたり、シワが生まれていたり……。
そんなお悩み、あなたも持っていませんか?

若々しい弾力のあるモチ肌を実現するためには、そのために有効な成分をしっかりと摂取しておかなければなりません

先日、失った肌のハリを取り戻すのに必要なケアと化粧品ってどんなもの?
でも日頃のスキンケアのなかでとのような所に注意すべきかお話しました。

その中で、皮膚における3つの重要な成分をご紹介しましたが、こと肌の弾力を取り戻すためには、わたしちの皮膚にある「エラスチン」という成分が重要になってくるそうです。

そこで今回は、なぜエラスチンが必要なのか?その効果や、役割、増やし方まで掘り下げてご紹介したいと思います。

 

なぜエラスチンを摂取すると肌の弾力が取り戻せるのか?

エラスチン不足の肌に見られる変化は、肌のたるみです。

肌の構造として想像していただきたいのが、スポンジ。

保持できる水分量が多いのは、スポンジのように入り組んだ構造をしている場合です。

しかしスカスカのスポンジでは、水分を含むどころか、すぐに水分が逃げていってしまいます。

エラスチンを摂取することによって、お肌の真皮に位置するコラーゲンの繊維をネットのように絡み合わせることが出来るのです。

よりキメの細かいネットの構造をすることによって、肌が含んでいられる水分量が増えてシワの無いハリのある肌に変化します。

シワがたくさん出来、肌のハリが失われた状態が続くことによって、頬などにたるみが生まれますが、エラスチンを十分に含むことによって頬のたるみも防げます。

一度たるんでしまったからと諦めてはいけません。エラスチンがバラバラになってしまったコラーゲンをより強固な構造にしてくれることによって肌の弾力を取り戻すことが出来るのです。

 

エラスチンの特徴

お肌の弾力に関わる事について理解を深めたところで、エラスチンとは何者なのについても触れておきましょう。

どういった性質があるのか、ここでは主な特徴をまとめました。

 

・伸縮性のある繊維

真皮の中にあるコラーゲンと一緒に、互いが絡み合って繊維同士をつなぎ合わせるようになっている、弾力があり伸縮性のある繊維成分。線維芽細胞という器官で生成されます。

コラーゲンの量が7割から8割と言われる中で、エラスチンの皮膚における量はなんと驚きの2パーセント程度といわれています。

皮膚をはじめ血管のように弾力が必要な部位に多く分布しているタンパク質です。肌に柔軟性を与える役割を担っており、人間だけでなく哺乳類や魚類にも含まれる成分です。

 

・アミノ酸から構成され細胞の増殖に関わる大切な成分

800種類ものアミノ酸から形成されるエラスチン。

お肌の弾力を担っていることがばかり注目されがちですが、実はその弾力に関わる働きは近年大注目されており、細胞の増殖や接着にも大きく関わりを持つことが明らかになってきています。

他の美容成分には含まれないデスモシンやイソデスモシンというアミノ酸も含んで構成されています。これらは他のタンパク質には見られない成分で、大変貴重といえます。

 

・年齢と共に減ってしまう貴重な成分

体内のエラスチン含有量は20代後半がピークと言われており、年齢を重ねるに従って量が減っていってしまいます。

加齢によって肌にハリが失われた気がする…という方は、このエラスチンが減っている証拠です。

まさに隠れた若さの秘密ですね。

 

エラスチンの効果・効能

少ない量しか含まれていなくても、わたしたちの体にとって大きな役割を担っているエラスチン。その効果と効能に迫ります。

 

・真皮内で弾力の生成を支える効果

皮膚の構造で表面に近い真皮という部分の中にエラスチンは分布しています。

コラーゲンとヒアルロン酸と共に構成されており、ネットのようにお互いが絡み合ってお肌を支える役割を担いお肌の弾力の生成をしています。

 

・人体のしなやかな動きに対応する靭帯の伸縮にも

人間が人間らしいしなやかな動きをするためには、靭帯が伸縮性に富んでいなければなりません。

お肌に分布しているエラスチンはお肌を構成する成分のうち僅か2パーセント程と言われていますが、靭帯に含まれるエラスチンの量は8割ほどとも言われています。

しなやかな動きの根源であり要になる人体に、エラスチンは一役かっているのです。

 

・血管の健康をつかさどる効能

心臓は血液全身へと送り込むポンプのような役割を持つ臓器です。

心臓近くの血管である弾性型動脈にはエラスチンが多く含まれており、血管の弾力を維持しながら心臓から送り出される血液の流れを促す働きがあります。

加齢によってエラスチンの分布量が減ってしまうと、血管のしなやかさが失われてしまって動脈硬化が進行しやすくなってしまいます。

そうすると最悪の場合心筋梗塞や血栓の発生といった人命に大きく関わる疾患の発症を招いてしまうのです。

美容効果の高さから、単なる美容成分として見られがちなエラスチン。

しかし、その成分がもたらす弾力は人間の体において大きな役割を担っており、欠かせないものとなっているのです。

 

エラスチンの効果的な摂取法

エラスチンをより効果的に摂取するためには、どういった生活をしたら良いのでしょうか。

手軽に誰でも、エラスチンをより多く摂取することができるのであれば、その方法を行なう方が良いに決まっています。

そこで、食べ物とサプリメント、そしてデイリーケアに使用する化粧品について、一番効果的に摂取できる方法を探してみましょう。

 

・食べ物から摂取する

エラスチンは、脊椎動物や魚類に含まれており、食材としてスーパーなどで簡単に購入できる食材の中にも実は入っています。

では、エラスチンがたくさん含まれている食材を積極的に摂取すれば良いのでは……?と思われるかもしれません。

美容に気を遣う女性が好んで一時期食べた「コラーゲンボール」といったものも同様で、コラーゲンの塊を食べればお肌がきれいになる!と素人考えだと思いこんでしまいがちです。

でも、実際のところはどんなに肌に良いものを食べたからといって、それがそのまま肌を構成するエラスチンになるわけではないのです。

人間の体内には、消化酵素があります。食べ物として口から摂ったものには、それぞれの器官の消化酵素によって消化されてしまうのです。

エラスチンはタンパク質なので、胃によって消化され、更に消化管で更に小さな分子のアミノ酸に変化します。このアミノ酸が体のどの部分に使われるかどうかは誰にもわからないのです。

食事を通じて体内のエラスチンを増やしたいと考えたときに行うべきなのが、エラスチンを生成する器官である「線維芽細胞」の動きを活性化させる栄養素を摂ること。

ビタミンとミネラルの豊富な食材を毎日の生活に取り入れることによって、エラスチンを作る工場が元気になってくれます。

ビタミンが多く含まれる食材として毎日の食事に取り入れたいのが緑黄色野菜、イワシやサケ、マグロといった魚類。ミネラルが豊富なのは海藻類やきのこ類、チーズや丸ごと食べられる小魚もオススメです。

 

・エラスチン配合の化粧品とは?

エラスチン配合という記載のある化粧品を使うことによって、お肌が含んでいられる細胞の水分量が増やすことが可能です。

しかし、乾燥し老化した肌にただ水分を入れ込んだところで時間が経てば水分が蒸発して元通りになってしまうことは、誰でも簡単に予想できると思います。

化粧品でエラスチンを摂取しようと思ったときに、重要なのが「入った水分を保持する成分」の入ったものと併用するということです。

具体的に「入った水分を保持する成分」とは、セラミドの事です。

セラミドが配合された化粧水や美容液などは、ドラッグストアなどでも購入しやすい価格で販売されています。

その中でも、類似セラミドや植物性セラミドと記載があるものよりも、ヒト型セラミドやナノセラミドのものを選択すれば、より肌に浸透しやすくエラスチンも逃がさないお肌を作ることが出来ます。

参考記事:保湿化粧水おすすめの成分と選び方、プルプルなうるおいベールを作る秘訣

セラミド&エラスチン配合の化粧品を併用することによって、お肌に含まれる水分量が多い状態でキープすると共に、エラスチンを長く多く自分の肌に留めておくことができるのです。

また、使用の際は、分子量の大きい成分ですので、両手でしっかりと顔を覆い包み込むようなイメージで抑えて肌に浸透させることをオススメします。

おでこ、頬、小鼻、顎、こめかみ……と順を追って手の平で抑えるようにして肌を数秒間抑えましょう。塗り終わった時にお肌がしっとりして、吸いついてくるくらいモッチリしたらOKです!

 

・サプリでエラスチンは補給できるの?

サプリメントも最近は色々な種類が販売されています。ドリンクひとつとってみても、様々な会社が販売していますよね。

ドリンクに配合されているエラスチンは、マグロやカツオといった魚由来のものか、豚や牛由来のものが一般的。

いくら上質なエラスチンを配合しているドリンクでも、食べ物と同様に消化酵素によって分解してから吸収されてしまうので、肌に直接エラスチンとして吸収されるわけではないので注意が必要です。

サプリメントを飲むことによって自分の肌に投資している実感が湧くので、美意識を保持し続けるには良いツールのひとつといえます。

一度飲んだだけで効果を実感することは難しいでしょうから、毎日1本といったように中長期的に続けることによって、効果を実感できるようになるでしょう。

 

まとめ、エラスチンを積極的に摂取して、弾力のある美肌に……!

肌の弾力を取り戻すために、様々な美容成分が必要だということがわかっていただけたかと思います。

その中でも、色々な成分に働きかけて、理想的な肌の構造を作り上げてくれるエラスチンは重要な存在といえます。

毎日の生活の中でエラスチンを分泌させるために必要な栄養を摂取しつつ、時にサプリメント等も活用しながら効果的にハリと弾力のある若々しい肌を手にいれませんか?

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ガールズcare-美容と健康のお悩み解消についてわかりやすく解説する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 高価な乳液よりも優れもの!ヒルドイドローションを病院で処方してもらった体験記

  • 【動画でわかる】崩れにくくて長持ち、リキッドファンデーションの正しい塗り方とおすすめコスメ

  • 荒れた唇をプルプルに!リップクリーム目的別おすすめ15個と正しい塗り方のまとめ

  • ハトムギ化粧水の効果と口コミを知りたい!おすすめの使い方も調べてみた

  • 肌から髪までこれ1本!スクワランオイルの美容効果とおすすめの使い方10選

  • ちゃんと知ってる?メイクブラシの使い方、おすすめの種類などについて